ビーフスター 育成MH


ビーフスター 育成MH 育成前期 育成後期

飼料の名称
くみあい配合飼料
ビーフスター育成MH
ビーフスター育成MH
飼料の種類 幼令肉用牛育成用配合飼料・肉用牛肥育用配合飼料
製造業者の
名称及び住所
ホクレンくみあい飼料株式会社
北海道札幌市中央区北4条西1丁目1番地
製造事業場の
名称及び所在地
ホクレンくみあい飼料株式会社
釧路西港工場
北海道釧路市西港2丁目101番地3
対象家畜等 幼令肉用牛(生後3月を超え6月以内の肉用牛)
肉用牛(生後6月を超えた肥育牛)〔搾乳中のものを除く。〕)
正味重量 500キログラム
成分量 粗たん白質 16.0%以上
粗脂肪 1.5%以上
粗繊維 8.0%以下
粗灰分 8.0%以下
カルシウム 0.55%以上
りん 0.35%以上
可消化養分総量 73%以上
含有する飼料添加物の名称及び量
モネンシンナトリウム30g力価/トン
プロピオン酸カルシウム、プロピオン酸として0.05%(5月〜9月添加) ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、硫酸鉄、硫酸銅、炭酸マンガン、炭酸亜鉛、炭酸コバルト、
ヨウ素酸カルシウム、酸化マグネシウム、塩化カリウム
原材料名等
原材料の区分 配合割合 原材料名
穀類 45% とうもろこし、精白米、小麦、ルーピン、
(マイロ)、(大麦)
そうこう類 38% ふすま、コーングルテンフィード、
とうもろこしジスチラーズグレインソリュブル、
スクリーニングペレット、
(米ぬか)、(小麦ジスチラーズグレイン)、
(精白米・小麦ジスチラーズグレイン)
植物性油かす類 13% 大豆油かす、なたね油かす
その他 4% 糖蜜、炭酸カルシウム、食塩
(注) 1. 原材料名は、原則として配合割合の大きい順である。
2.( )内の原材料は、原料事情等により使用しないことがある。

〔注意〕

  1. この飼料は、上記の対象家畜等に記載されているもの以外には使用できません。
  2. この飼料は、食用を目的として屠殺する前7日間は使用できません(生後6月を超えた肥育牛を除く。)。

使用上の注意事項

  1. 生後おおむね6月を超えた肥育牛(搾乳中のものを除く。)
    以外には使用しないこと(特に馬に給与すると障害を起こしやすいので注意すること。)。
  2. 新たにこの飼料の給与を開始しようとする場合は、給与量を段階的に増加させていくこと。

飼料紹介

牛飼料
豚飼料

このページのトップへ