• HOME
  • 生産の取り組み

生産の取り組み


生産の取り組み

HACCPとは、食品衛生上の危害の発生を防止するため食品業界で広く取り入れられている衛生管理のシステムです。

美味しくて、安全な食肉は、健康な家畜が衛生的な環境で安全な飼料をたくさん食べることによって生産されます。

当社では、釧路家畜保健衛生所や釧路町・ホクレンなどの協力のもと、いち早くHACCPの手法に基づく農場の衛生管理に努めてきましたが、更に認証に向けた取り組みを進めています。

生産した肉牛は、株式会社北海道畜産公社が運営する北海道内の食肉センター(北見工場・早来工場)に出荷され、行政機関である北海道の食肉衛生検査所により厳しい安全基準の検査を受け、衛生的に処理・加工されます。

農場HACCP認証農場・衛生管理方針を見る

  • 株式会社ホクチクファーム
  • MPアグロ株式会社
  • 株式会社北海道畜産公社
  • 北海道釧路家畜保健衛生所

導入から出荷にいたる様々な工程において、危害を防止するために特に重要で厳しい管理が必要な工程(CCP:重要管理点)を定め、 基準(管理基準)を設定し、守られているかどうかを確認する方法(モニタリング方法)を決めます。 更に管理基準が守られなかった場合の是正措置を定め、速やかに対応することができるようにしています。

また、農場HACCPが計画どおりに機能しているかどうか、計画に変更・修正の必要がないかどうかについて定期的に検証を行い、これらの一連の事項についての記録や各種文書などを保管しています。 当社では、消費者の皆様へ美味しくて安全・安心な食肉を提供するため、大変厳しい衛生管理の手法であります農場HACCP認証の取得に向け取り組んでいます。

衛生管理体制 図1

このページのトップへ